悪性リンパ腫再発防止作戦

maintenance.jpg

  

  

ご質問を頂きました。

 

パワーキットをいただき、ブログでおっしゃているように、背中首にまいてねていましたが、最近夜中に何度も目が覚めて、いったん中止していますが、原因はなんでしょうか?

私は悪性リンパ腫濾胞性でしたが、医者から必ず再発するといわれています。再発防止にはこれをすればよいということがあれば、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

   

夜中に何度も目が覚めるのであれば、タカダイオンをオフにして就寝されると解消されるはずです。

目が覚めると言うことは、何らかの効果があるためだと推測されます。

  

悪性リンパ腫濾胞性で、担当医が必ず再発すると宣言されている以上、病巣にあった腫瘍が体内に残留していることを意味するものではないでしょうか。

悪性リンパ腫濾胞性でどのような治療をされ、現在どのような状態なのかが分からないので、一般的なガンを含む悪性腫瘍の再発防止のための基本的な対策についての筆者の考えをお伝えしておきます。

ここで書く内容についてはあくまでも筆者の個人的な考えです。

  

1・まず、普段の体温を上げる。>腫瘍は低体温を好むため。

2・糖質や炭水化物をできるだけ食べない。>腫瘍のエサになるため。

3・プロテインでタンパク質を然り補給し、メガビタミンを摂取。

4・必ず複数の対策を組み合わせる。>単発の対策では効果は限定的。

5・どの対策が効果的なのかはやってみなければ分からないので、腫瘍マーカーや血液検査で定期的にその効果を検証する。

6・どの対策をするにしても、費用がかかるので、いくらの予算を投入できるのかを明確にしておく。

  

具体的な方法については、予算を含め現状を知らせて頂ければ、選択肢についての考え方をお知らせします。

取り急ぎ・・

     

お忙しい中、返信していただきありがとうございました。

濾胞性リンパ腫は低悪性ですが、抗がん剤治療しても殆どが再発しますので、抗がん剤治療以外の治療を模索していました。

CEAT療法に出会いマイクロ波で癌のエネルギーを消す治療をして、エネルギーがゼロになりました。

この治療は腫瘍が残ります、私の場合、腫瘍が頚部、鼠径部、動脈の周り等、数か所にあったので、抗がん剤治療(ガザイバ、トレアキシン)3クールをし、少しのこっていますが、殆ど腫瘍は取れました。

CEAT療法は今も2週間に1度通っていますが、ゼロエネルギーをキープしています。

抗がん剤治療した病院は3か月に一度、CTと血液検査を行う予定です。

  

現在やっていることは・・

   

分子栄養を少し勉強していたので、サプリメントをとっている。

タカダイオンを一晩かけている。

セルパワーを腫瘍のありそうなところにかけている。

時々三井温熱であたためている。

糖質はてきるだけ控えている。

   

1の体温を上げるがどうしたら良いかわかりません。

プラウシオンという繊維を使った腹巻をしたりとか、お風呂に長めに入ったりとかしていますが、36℃良くて36.3℃位です。

腸内環境も良くしたいと思います。免疫はお腹からといいますから

予算というより(目が飛び出るのはだめですが)、続け安くあまり場所をとらないものがよいです。

 

子宮頸ガン・放射線と抗ガン剤効果なしでメールを頂いた方の場合、CEAT療法の効果は限定的でしたが・・

不安とどう向き合えばいいのか?でも、再度触れられています。

   

ですが、今回メールをいただいた方は、CEAT療法が効果的だったようで、何より!

やはり、何をどう組み合わせるのかによって、その人が持っている体質とのマッチングで、効果は大きく変わります。

  

まさに、何事もやってみなければ分からない、ということがよくわかります。

ポンポコおじさんの膵臓癌st4闘病日記では、詳細な記録を公開されています。

12月2日付けの◆血液検査の分析 & 主治医とのコミュニケーションでは腫瘍マーカーのグラフを使った自己分析もされていますので、参考になると思います。

    

現在行われている対策ですが、複数の療法を組み合わせていらっしゃるのが素晴らしい点だと思います。

さらに病院で3か月に一度、CTと血液検査で状態をモニターされていますから、現状のままで継続されてはいかがでしょうか?

  

他に何か・・というのであれば、定評のある療法による血液への点滴は結構効果があります。

再生未来クリニック神戸で行っている、点滴でアミグダリンを摂取するIPT療法とか、高濃度ビタミンC療法なども選択肢として有効だと思います。

  

セルパワーも継続されているのですね。

さすがです。

かなりの効果ができると思います。

 

さらに何か、というのであれば、体温が少し低めなので、バイオマットで背中部分を継続的に温めるなどの方法が有効かと思われます。

三井温熱器はマメに加熱する必要がありますし、背中は誰かに加熱して貰う必要がありますからね。

    

バイオマットなら就寝中は、今の時期ならランプが3つほど点灯するくらいの温度にしておけば、6度5分以上の体温を維持できるようになるはずです。

体温が平熱で6度5分以上なのか、それとも以下なのかは、分水嶺となります。

 

体温が高いと風邪などとは無縁の生活が可能になり、抵抗力が飛躍的に高くなります。

さらに万が一風邪かなと思ったときは風邪には酸素カプセル+バイオマットでも書いていますが、バイオマットだけでも充分撃退効果があります。

   

何と言っても、バイオマットがあれば、時々大量に発汗させることができるのが、大きなメリットです。

寒くなる冬は何と言っても、カラダを冷やさないことです!

  

PS この記事の後ですぐに以下のようなコメントを頂きました。

  

返信ありがとうございます。

バイオマットは早速検討したいと思います。

  

CEAT療法をやられた方が腫瘍マーカーが上がったので、三井温熱にいかれたとありましたが、CEAT療法をすると腫瘍マーカーは必ずあがります。

「血液検査の結果は無視してください。」 と医師からはいわれました。

私の場合、朝夕2回(4時間あけばよいので)毎日のように通い、癌のエネルギーを消しました。

  

ダイヤモンドライフ神戸のブログは癌患者にとって非常に参考になります。

これからもよろしくお願いします。

    

こちらこそ、CEAT療法に関する貴重な情報をいただき、ありがとうございます。

少しでも多くの方の参考になれば、幸いです。

     

  

前へ

フェイス用・施術布をリニューアル

次へ

シンプル瞑想